« クライブ・ポンティング『緑の世界史(下)』(石弘之ほか訳、朝日新聞社) | トップページ | 作物の機能性(効能)を言いたてることについて »

豆柄模様

デザイナーの皆さん、ご注目ください。今年は、豆柄模様が流行しそうです。

Mgkai_2

グラファイトにコーヒー・ブラウンを流して、渋さを究めた、「貝豆」。

Mgkurakake

やわらかなクリームに、じんわり墨をにじませた、「くらかけ」。

Mgpanda

白黒くっきり、北京オリンピックも意識して、「パンダ豆」。

Mgtora

上品で、落ち着いた色調の、「トラ豆」。

Mguzura

さわやかで、明るいイメージの、「ウズラ豆」。

Mgbenishibori

白地を鮮やかに染める情念の、「べにしぼり」。

動物柄なんて、もう古い! これからのファッションは、断然、豆柄です。

|

« クライブ・ポンティング『緑の世界史(下)』(石弘之ほか訳、朝日新聞社) | トップページ | 作物の機能性(効能)を言いたてることについて »

いろいろな豆」カテゴリの記事

コメント

田中さん、初めまして。
今日のお豆の記事のレスではなくてごめんなさい。
最初に謝っておきます。
私は専業主婦で農業はやっていませんが(実家は農家です)、ラウンドアップの危険性について調べていたら田中さんのblogの1月5日の記事がヒットしました。
うちの愛犬が、除草剤の中毒と思われる症状で治療を受けたことがあります。
それで、毎朝夕散歩に行く市の施設のトップの方に除草剤を使用するなら、散布後、注意を促す貼り紙をして欲しいと要望したところ、それ以降除草剤を使用しないで、草引きや草刈りで対応して下さるようになりました。
ところが今年の三月の人事異動でトップの方が交代され、新しいトップの方の意向でまた除草剤を使用することになったと市の職員さんが知らせて下さいました。
ドッグランではありませんから、除草剤を散布すると言われれば仕方ありません。
せめて、私のblogで、ラウンドアップの危険性を訴えたいと思い、田中さんの1月5日の記事へのリンクを貼らせていただけないかと、書き込みさせていただきました。
どうかよろしくお願い致します。

ちなみにお豆は、見た目はくらかけが、一番好きです。
お味は、食べたことのあるものでは、トラ豆が、大好きです。

投稿: まゆまゆ | 2008年5月22日 11時48分

まゆまゆさん、はじめまして。

除草剤の症状は、どのようなものなのですか。治療して、今はよくなったのでしょうか。
除草剤は、動物だけではなくて、小さな子どもにも危ないですね。事故が起きる可能性のあるところでは、使わないでほしいと思います。

一般にブログの記事は、特に断りがなければ、自由にリンクしていいものだと、わたしは考えています。ですので、ご自由にリンクしてください。

わたしは、農業者の立場から、農作業の中での除草剤の危険性を心配しますが、田畑だけでなくて、いろいろな場面で除草剤は使われています。にもかかわらず、その危険性を知らせる情報が少ないのは、困ったことです。

まずは、ご自身のブログから。そして、そこから少しずつ、除草剤使用の基本的なマナーが広がっていくといいですね。

投稿: 田中敬三 | 2008年5月22日 13時41分

田中さん、早速お返事をありがとうございます。
そしてリンクの件も快諾していただきありがとうございます。
これから記事を書きます。

うちのワンコの症状は、除草剤の中毒の割には軽かったというか、体の大きなワンコ(ボーダーコリー)だった為に、小型犬に比べれば、体へのダメージが少なくて済んだようです。
嘔吐と食欲不振が二日続いて受診して、すぐに回復しました。
でも、除草剤中毒によるワンちゃんの死亡事故は、毎年発生しているようです。
人間のようにきちんとしたデータがあるのか、掛かり付けの獣医師さんに聞いてみます。
ラウンドアップで人間の死亡事故が起こっていたのを今日知って驚きました。

除草剤の危険と便利さを天秤に掛けて、便利さを取る人達にも、具体的な危険性を知っておいて使用して欲しいものです。
除草剤の危険性を知らないで使用した田畑で作られた農作物をもっと何も知らないで食べている事の怖さを思うと、子孫の代につけが回ってこないことを祈りたいです。

またおじゃまします。

投稿: まゆまゆ | 2008年5月22日 14時22分

北海道はいろんな美しい豆が出来て羨ましいですなあ^^九州はカメムシなどの豆を好む虫が多くて、なかなかいい豆がとれません。
たくさんの種類の豆が豊作であることを心からお祈りしております^^
では!~~ε=ε=ε=ε=┏( 菊・_・)┛

投稿: 菊の助でござる^^ | 2008年5月22日 21時10分

まゆまゆさん、

症状が軽かったのは、不幸中の幸いでした。
除草剤でも、遺伝子組み換え作物でも、取り返しのつかない災厄が起きないように、本来予防原則で規制すべきなのに、メーカーの利益を優先する政策しかやれない政府が、情けないです。
散歩に行く広場が市の施設とのことですので、市役所か市長にかけあってみるのもいいかもしれませんね。いろいろなチャンネルから働きかけてみてください。
除草剤の危険性を知れば、考えを変える人も現れるかもしれません。(ラウンドアップの取り扱い説明どおりの防具を用意してあるか、確かめてみるといいかもしれません。)誰かが言わないと、誰も気がつかないのです。愛犬の幸せのためにも、もうひとふんばり、お願いします。

菊の助さん、

色といい、模様といい、つい、見とれてしまいます。豆は、花もきれいなんです。
がんばって、いい豆ができるようにします。ありがとうございます。

投稿: 田中敬三 | 2008年5月22日 22時02分

うちでは毎日のように大豆や小豆を炊いて食べております^^田中さんの豆が食べたいので、たくさん出来たらお分けくださいね^^

投稿: 菊の助でござる^^ | 2008年5月23日 17時24分

「食べたい」と、待っていてくださる方がいると、つくるほうでは、励みになります。うれしいです。

うちの近所のある方も、毎日のように煮豆を炊いて食べている、とおっしゃってました。
豆は、おいしいだけでなく、すばらしい栄養源でもありますからね。いやあ、ますます食べたくなってきました、豆。なので、もっともっとつくらないと、豆。

投稿: 田中敬三 | 2008年5月23日 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175263/41283474

この記事へのトラックバック一覧です: 豆柄模様:

« クライブ・ポンティング『緑の世界史(下)』(石弘之ほか訳、朝日新聞社) | トップページ | 作物の機能性(効能)を言いたてることについて »