« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

モロコシ団子

Morokoshiho16

モロコシの穂です。モロコシは、タカキビ、コーリャン、ソルガムなどとも呼ばれます。トウモロコシではありません。
きょうは、これから、モロコシ団子をつくって、食べてみましょう。

Morotsubu16

軍手をはめて、穂をしごいて、粒をとります。
ファンで風を当てるタイプの乾燥機で、よく乾かしておきます。

Morokezuri16

循環式精米機に入れて、まわりの皮を、ざっと削ります。ていねいにやりすぎると、砕けてなくなってしまいますので、あくまでも、「ざっと」でいいです。

Morokona16

次に、石臼でひいて、粉にします。1度だけでは、こまかくなりませんので、何度か繰り返しひいてください。

Morohurui16

70目」のふるいでふるうと、なめらかな粉になります。
このとき、ふるいに残るのは、「ふすま」です。お米で言えば、「ぬか」に相当する部分です。ボカシ肥の材料にでもしようかと思っています。

Kuromitsu16

このモロコシの粉を使って、団子をつくってみました。
黒蜜をかけて、スイーツに。

Morosoup16

スープに入れて、団子汁に。

癖のない味で、舌触りもなめらかです。これなら常食できそうです。

モロコシ、来年も栽培継続、決定しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »