« 簡単豆料理 | トップページ | 簡単豆料理 その3 »

簡単豆料理 その2

お汁粉とぜんざいの違いが、いまだに分かりません。粒あんとこしあんの違い? 餅が入っているか入っていないかの違い? 関東と関西でも違う? あ~、もう分かりません。
小豆の煮方は、一度「しぶきり」をすることがポイント。あとは、砂糖で煮るだけです。砂糖は、うちでは、北海道産の甜菜糖(てんさいとう)を使っています。
珍しくもないですが、一応、写真を撮ったので、載せておきます。全自動餅つき器(象印)でつきたての餅なので、不定形です。

Shiruko

次は、くらかけ大豆入りのカレーライスです。くらかけ大豆は、水洗いして、フライパンでから煎りしてから、煮てみました。豆の種類が違うからでしょうか、スズマル大豆で豆ご飯を炊いたときのようにふっくらとは煮えませんでしたが、香ばしさはあって、少し歯ごたえがあるのも、悪くないです(負け惜しみ)。
「大豆は、畑の肉」なんて言われますから、大豆を入れたら、肉は入れなくてもいいと思います。あとは、ふつうにカレーライスをつくるように、つくればいいのです。カレーづくりに、妙にこったりはしません。ちなみに、うちは、「グリコ2段熟カレー甘口」を使っています。くどくない味がすきです。

Curry

ところで、このカレーライスのご飯には、ヒエとイナキビとモロコシ(タカキビ)が入っています。どれも、自分の畑でとれたものです。ニンジンもジャガイモも、自分の畑でとれたものです。タマネギは、自分で栽培したものも、ちょっと前まではあったのですが、切らしてしまったので、買ってきました。お米は、いただきもの(農家の自家消費米)です。

前回の、「白花豆とほうれん草のオーブン焼き」の写真がまずそうでしたので、つくりなおしました。今回は、豆の煮汁をたっぷり入れて、ピザ・トースト用に売られている「ナチュラルチーズ」をトッピングしてから、焼いてみました。

Cheese

これが、「再挑戦バージョン」です。
お医者さんは、健康のためにチーズは控えなさい、と言いますが、チーズはうまいです。「たまに」ならば、いいのではないでしょうか。

次は、スズマル大豆と豚肉の煮豆です。
水で戻したスズマル大豆を、やわらかくなるまで煮ます。それとは別に、豚肉とタマネギとシイタケを、フライパンで炒めておきます。これらの2つを合流させて、しょう油とみりんとおろし生姜で味をつけて、煮込めば、できあがりです。

Pork

それぞれの素材からたっぷりだしが出て、おいしくできあがります。

次は、黒豆の炊き込みご飯です。おお、具だくさんですね。

Takikomi

ゆでた黒豆、にんじん、油揚げ、ちくわ、しょう油、なんかを入れて、炊いたご飯です。
ちなみに、うちは、炊飯器も象印です。わたしは、名前に「ぞう」がつくので、なんとなく、親しみを感じています。

きょうの最後は、「キクイモ入り手亡豆の呉汁」です。

Gojiru

本当は、手亡豆で豆サラダをつくろうかと思っていたのですが、長く煮すぎて、豆が崩れてしまったので、急きょ、呉汁にしました。わたしは、四字熟語では、「臨機応変」というのがすきです。
呉汁って、分かりますよね? 早い話が、つぶした豆が入ったみそ汁です。
結論から言うと、キクイモがふやけて、気持ち悪かったです。一度油で炒めて、そのぶん煮る時間は短くして、キクイモが持っているレンコンのような「サクサク感」が残るようにすればよかったと、猿のように反省しました。味つけも、にんじん、油揚げ、こんにゃく、ねぎ、唐辛子なんかも入れて、豚肉の入っていない豚汁のような、
パンチのきいた味にすればよかったと、犬のように反省しました。
じつを言うと、わたしは、「試行錯誤」という四字熟語も、すきです。失敗は成功のもと!です。

豆三昧のようすを、北海道は深川市からお伝えしました。(○゜ε゜○)ノ~~

|

« 簡単豆料理 | トップページ | 簡単豆料理 その3 »

いろいろな豆」カテゴリの記事

アズキ」カテゴリの記事

ダイズ」カテゴリの記事

食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175263/43430295

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単豆料理 その2:

« 簡単豆料理 | トップページ | 簡単豆料理 その3 »