« 白鳥飛来 | トップページ | 筑波常治「環境原論――日本農業と自然保護」 »

カボチャ24きょうだい

Kabochakyodai

同じ一つのカボチャからとった種から生えてきたカボチャたちがつけた実です。見事に交雑していました。
先日の記事で、来年は種を買い直すと発言したのですが、気が変わりました。右上の一番大きい実から種をとることにします。基本、自家消費ですので、そろっていなくていいのです。いえ、そろっていないほうが、いろいろあって、楽しいかもしれません。
孫たちに、どんなふうなのが生まれてくるか、今から楽しみです。

|

« 白鳥飛来 | トップページ | 筑波常治「環境原論――日本農業と自然保護」 »

カボチャ」カテゴリの記事

コメント

カボチャがかわいすぎてこの写真をなんども見てしまいます。パソコンの壁紙としてタイル状に貼り付けたので画面中カボチャになりました。

種っておもしろいですね。すごい可能性を隠し持ってて。
私も採種できそうなので、来年が楽しみです。ありがとうございました。

投稿: null | 2009年10月10日 14時43分

パソコンの画面がカボチャだらけなんですか? それは、すごいです。coldsweats01

交雑する植物は、自然状態では、どんどん交ざって、たとえばカボチャだったら、1つの実に何十もの種ができて、それが土の中にたくわえられていって、環境状態が自分の成長に合うようになるのを、ずーっと待っているのでしょう。土の中は、きっと種だらけです。

畑の隅に、作物残渣や台所から出る生ごみを捨てる‘堆肥場’があるのですが、得体の知れない植物がうじゃうじゃ生えてきていて、もう大変なことになっています。

投稿: 田中敬三 | 2009年10月10日 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175263/46439781

この記事へのトラックバック一覧です: カボチャ24きょうだい:

« 白鳥飛来 | トップページ | 筑波常治「環境原論――日本農業と自然保護」 »