« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

焼きふきのとう

畑でフキを栽培しているわけではないのですが、毎年勝手に生えてきます。
たまたま、水上勉さんの『土を喰う日々』(新潮文庫)を読んでいたら、ふきのとうに油をつけて焼いて、塩味で食べる話が出てきたので、まねしてみたくなりました。

Yakihukinoto

調理法なのか、フキの種類なのか、はたまた畑の土のせいなのか、苦みが少なくて、抵抗なく食べることができました。食べたあとで、体の中から春の香りがじわっと広がってくる感じでした。こういう食べ方って、シンプルでいいですね。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »