« 海を見た | トップページ | 乾燥カボチャ »

土が凍る

深川市から平取町に引っ越してきて、環境的に大きな違いを感じたのは、雪が少ないということです。深川市から引っ越しの荷物を積んだ軽トラで出たときは、運悪く暴風雪の日で、荷台にかけたシートの上にごっそり雪が積もっていたのですが、平取町に着いてみたら、風は吹いていましたが、雪なんかなくて、雪を積んで走っている車なんて自分だけ、という状態でした。
深川市は雪が多い地方で、毎日家のまわりの雪かきをしないと、雪に閉じ込められて、家から出られなくなります。そんな心配のない平取町は、楽といえば楽です。ただ雪は、地面を寒風から守る断熱材の役割を果たしているので、雪が積もらないで地面がさらけているところは、土が凍ります。これが、根で冬越しをする植物に害を与えます。
深川市の自宅の前の庭で育てていた桃の木と食用菊の株を持ってきて、平取町の自宅の前の庭に植えたのですが、さて、来年まで生き延びることができるか、どうでしょうか。地元の方の助言では、木の根元に籾殻をまいてみてはどうだろう、ということなので、近日中にそうしてみようと思います。
深川市のような雪の多いところでは、木の枝に積もった雪の重みで枝が折れるので、雪囲いと言って、冬の間中、むしろなどで木を囲むことをするのですが、こちら平取町では、雪が少ないので、そういうことはしないそうです。
雪が少なく、寒さも比較的厳しくない地方の人の感覚では、「雪が多い=寒い」というイメージがあると思いますが、実際は、雪が少ない地域のほうが、寒風が直接に吹きすさぶ分、寒いのです。野菜なども、雪の中ならば保存できますが、雪のない天然冷凍庫状態のところでは、凍って傷んでしまうのです。

|

« 海を見た | トップページ | 乾燥カボチャ »

圃場」カテゴリの記事

木の実・果実」カテゴリの記事

畑作業」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

食用菊」カテゴリの記事

コメント

田中さん、静岡県のたーくんです。
お引越しされたんですね。
無事に済んで何よりです。
北海道の中でも、地域によって気候の差が随分あるのですね。勉強になります。

早いもので、今年も残すところあと3週間を切りました。今年は田中さんにホームページを通して、いろいろ教えていただきありがとうございました。
特に、陸稲の粳と糯の両方の味を一度に知ることができたことは、田中さんのご好意のおかげです。
来年も、どうぞよろしくお願い致します。
農林1号は正月に食べてから、食味についての感想をご報告します。それでは、また。

投稿: たーくん | 2010年12月12日 17時28分

たーくんさん

少しでも、たーくんさんのお役に立てたならば、うれしいです。
自分で栽培したものを、食べるところまでもっていく経験というのは、やってみると、おもしろさが分かります。必ずしも調子よくできる、とは限りませんし、大変と言えば、大変なのですけれど。
楽しいと思えることができるのは、幸せなことなのだと思います。

投稿: 田中敬三 | 2010年12月12日 22時10分

ご無沙汰してます。
沙流川上流のうちの田舎まで行くと雪が多いですよ。
時間があったらスキーにでも行ってみてください^^

投稿: ootomo | 2010年12月21日 17時51分

おお、大友さん! いらっしゃってましたか。

日勝峠あたりで、気候が大きく変わるのでしょう。
雪は、世界的には、貴重な水資源なのですが、十分には活かせていないですね。

スキーは苦手なんですよー(涙)。

投稿: 田名敬三 | 2010年12月21日 18時41分

こんばんは!
雪が少ないと、かえって寒いんですね。
桃の木、無事根付くといいですね。
今は枯れましたが、鉢でやったことあります。

投稿: 鉄 | 2010年12月26日 00時26分

鉄さん、おはようございますです。

桃の木ですね。このような時季に植え替えるのも、強引なことで、かわいそうなことをしました。深川市では、実を生らせて楽しませてくれたので、こちらでも、ついてくれるとうれしいのですが……。

雪が少ないと、かえって寒い、というのは、本当です。家を建てるときの土台は、凍結する土よりも深いところまで掘って造らないと、凍結によって土が浮き上がって、その上の家に狂いが出てしまうのだそうです。

和寒町(わっさむちょう)産の雪中保存のキャベツは、北海道では、よく知られています。収穫したキャベツを、雪の中に埋めて保存するのです。
逆に、雪の少ない地方では、ある農家が、納屋の中のジャガイモを凍結させないように、ストーブを焚いているのを見たことがあります。凍み豆腐(高野豆腐)という、スポンジのような、乾燥豆腐がありますが、ジャガイモも凍結すると、凍みジャガイモになって、普通のジャガイモとして売れなくなってしまうのですね。

春先、凍った畑の土を早く融かすために、荒っぽく掘り返してあるのを見たことがあります。
雪の多いところでは、すすを混ぜて造る、黒い融雪剤というのを撒布して、雪を早く融かそうとします。

投稿: 田名敬三 | 2010年12月26日 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海を見た | トップページ | 乾燥カボチャ »